FERRING

FERRING

個人情報保護方針

プライバシーノーティス

Privacy Notice

プライバシーノーティス

フェリングにおいてお客様のプライバシーは重要であり、フェリング・ファーマ株式会社(以下「当社」といいます。)は個人情報保護法をはじめとする関係法令を遵守し、個人情報の適切な保護に尽力します。 本プライバシーノーティスは、当社の個人情報の収集・保有・処理の方法および医薬品分野での活動における個人情報の利用目的に関する情報を提供すると共に、個人情報の保護に関する法令等を遵守した個人情報の保護のための当社の取り組みについてご説明するものです。 本プライバシーノーティスは、当社のウェブサイトおよびそのサブセクションにのみ適用されますので、当社に関連する、または当社が推奨する他のウェブサイトをご覧になる場合は、それぞれのウェブサイトのプライバシーノーティスをご確認ください。

  1. 当社は、以下の基本方針に基づき、個人情報の保護に努めます。
    • 個人情報とは
    • 本人とは
    • 個人情報の取得
    • 共同利用とは
    • 個人情報の利用目的
    • クッキー
    • 個人情報の保存について
    • 個人情報保護の権利と開示
    • 個人情報の共同利用、移転について
    • 他のウェブサイトへのリンク
    • セキュリティ情報
    • 個人情報保護のための体制
    • 未成年者
    • 変更点
    • お問い合わせ方法
個人情報とは

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、それにより特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む)をいいます。これには、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、その他個人を特定できる情報が含まれます。「個人情報」には、特定の個人の身体的特徴(DNA配列、顔の外観、指紋、掌紋など)を表す文字、数字、記号、および/またはコンピュータ用のその他のコードなどの項目を含み、また特定の個人を識別するのに十分なものである「個人識別コード」、パスポート、運転免許証、住民票、個人番号カード(すなわち、「マイナンバー」)に 記載されている特定の識別番号も含まれます。

本人とは

「本人」とは、個人情報によって識別される特定の個人をいいます。お客様を当社が識別できない場合には、このウェブサイトの閲覧中に自発的に個人情報を提供されることで、「本人」になる場合があります。当社は、お客様が自発的に個人情報を提供された場合に限り、お客様の個人情報を収集します。

共同利用とは

個人情報保護法第23条第5項によれば、共同利用とは、特定の事業者に個人データを提供し、共同して利用する場合をいいます。特定の事業者が既に取得している個人データを他の事業者と共同利用する場合には、個人情報保護法第15条第1項により、個人情報は、先に取得した事業者が定めた利用目的の範囲内で共同利用されます。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用目的

当社は、個人情報取扱事業者として、フェリング・グループの関連会社を代表してお客様の個人情報を法的根拠があり、かつ収集目的の達成に必要な場合に限り、お客様の個人情報を処理します。 お客様の個人情報を処理する法的根拠は、以下に述べる収集目的によって異なります。個人情報は、以下の目的を達成するために、当社の正当な利益を追求するために必要な場合に処理されることがあります。

    • 以下のカテゴリーの問い合せに関してお客様に回答するため:メディア、パートナーシップ、取引関係の構築、その他一般の問い合わせ
    • 個人情報保護および個人情報保護の権利に関するお問い合わせを処理し、回答するため
    • フェリングの理念やその他の適用される方針やSOPに違反している可能性のある不祥事や違反の報告を処理し、評価するため
    • 当社の製品やサービスに関する情報の提供
    • 当社の製品の安全性情報の伝達を含め、製品に関するお問い合わせへの対応や問題が発生した場合の対応
    • 協力要請の処理・対応のため、または
    • その他、情報分析、監査、サービスの向上、事業活動の拡大などの正当な事業目的のため

当社は、お問い合わせ、ご要望、お申し込み、ご報告などがお客様のご期待、方針、適用法令に沿ってタイムリーに処理されるよう、お客様の権利を十分に考慮しながら、正当な利益に基づいて、上記の目的のために個人情報を処理する必要があると考えています。加えて、当社が実施した正当な利益バランステストに関する詳細な情報の入手が可能です。 個人情報は、適用される法令等を遵守するために必要な場合に処理することがあります。

    • 居住国の内外の法律を遵守するため
    • 法的手続きに従うため、または裁判所の命令に応じて特定の個人情報を提供するため

個人情報は、重要な利益のために必要な場合や、医薬品業界で適用される安全性に関する義務を遵守するために収集・処理されることがあります。

    • 当社の医薬品・製品に関わる副作用、薬物有害反応、有害事象その他の安全性情報に関する報告を処理するため。この目的のための特別なカテゴリーの情報の処理については、ファーマコビジランス・プライバシーノーティスをご覧ください

お客様の個人情報は、収集した利用目的の範囲内でのみ利用します。利用目的の範囲を超えて個人情報を利用する場合、または「要配慮個人情報」に該当する場合は、事前にご本人の同意を得た上で利用します。

個人情報の共同利用、移転について

フェリング・グループはスイスのサンプレに本社を置き、世界110カ国以上で事業を展開しています。お客様の個人情報は、業務上もっともな理由がある場合など正当な理由がある場合には、当社が施設を維持する他の場所(関連会社、委託先、提携先、代理店を含みます。)に転送されることがあります。このような場所には、日本以外の国が含まれる場合があります。このような移転は、個人情報保護法、EUおよび各国の個人情報保護規制に従って個人情報が保護されるよう、グループ内の国際的な個人情報移転契約により保護されています。 当社は、お知らせした利用目的の達成に必要な場合または第三者が当社の個人情報の処理に協力している場合には、利用目的の達成に必要な範囲内で、お客様の個人情報を、業務委託先、提携先、代理店等の第三者と共同利用することがあります。

  1. 当社は、以下の場合に限り、お客様の個人情報を第三者に開示します。
    • 明示的な同意がお客様によって提供されている場合
    • 情報開示には法的根拠があり、お客様にはその旨を適切に通知している場合
    • 個人情報保護法等の適用法令に基づき、または裁判所の命令の結果として、要求された場合
    • 日本と同等の個人情報保護制度を有すると認められた国に提供される場合
    • 個人情報保護法で定める基準に準拠した体制を構築している者に個人情報を提供する場合

当社は、お客様の個人情報を第三者に売却するようなことは決していたしません。 個人情報を第三者との間で共同利用する場合には、事前に通知または公表します。 要配慮個人情報を第三者に提供する場合、オプトアウトの手続きを行った場合でも、同意を得ずに第三者に提供することは禁止されています。そのため、お客様の明示的な同意を得た上で、共同利用させていただきます。 当社は、個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当社の選定基準に基づき委託先を選定し、個人情報保護法第22条および23条に従い個人情報の安全管理が図られるよう、委受託契約を締結し、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

クッキー

お客様がこのウェブサイトを閲覧された際に、Google Analyticsを用いてお客様のウェブサイトのご利用情報を収集することがあります。このトラッキング技術は、クッキーを用いて、どのくらいのユーザーがどのくらいの頻度でウェブサイトを閲覧しているのかといったウェブサイトの利用状況やアクティビティに関する集計データを収集するものです。この情報は、当社のウェブサービスをさらに向上させるために、第三者のサービスプロバイダーと共有することがあります。これらのクッキーを介して個人情報にアクセスされたり、個人情報が収集されたりすることはありません。この種の技術の利用は、適用される情報保護規制および現行のE-プライバシー規制に適合したものです。

個人情報の保存について

当社は、お客様の個人情報について当社により処理が必要ではなくなったときには、法律で長期間の保存が義務付けられている場合を除き、お客様の個人情報を削除または個人を特定できない形式で保存する措置を講じます。

情報保護権と開示

当社がお客様の個人情報を収集、保有、処理する場合、お客様には、ご本人として、特定の権利が与えられます。当社は、ご本人確認をさせていただいた上で、個人情報保護法に基づき、誠意をもって対応いたします。

    • 開示請求権:お客様には、当社が保有するお客様に関する情報の写しを請求する権利があります
    • 訂正の権利:当社が保有する個人情報が不正確である場合、お客様には訂正を求める権利があります
    • 消去および処理制限の権利:お客様には、個人情報の消去を要求したり、個人情報の処理を制限したりする権利があります。これらの権利は限定されており、特定の状況下でのみ適用され、例外が適用されない場合にのみ適用されます
    • 情報のポータビリティの権利:お客様には、当社が保有する個人情報の写しを要求する権利、およびこの情報を別の管理者に転送することを要求する権利があります。この権利には一定の条件があり、例えば、公共の利益のために許可されていない場合や技術的に不可能な場合などには、適用されない場合があります
    • 異議を申し立てる権利: お客様にはご自身の個人情報の処理に対して異議を申し立てる権利があります。情報が公共の利益、科学的または統計的な目的のために処理されている場合でも、お客様は異議を申し立てることができ、情報処理の正当性を証明する責任は当社にあります お客様には、お住いの地域の情報保護監督機関に連絡したり、苦情を申し立てたりする権利があります

本人確認のための書類

ご本人確認のため、お問い合わせフォームをご利用の際には、以下の書類(該当するもの)を必ず添付してください。

ご本人から請求があった場合

      以下の公的証明書のコピー2通以上

    • 運転免許証、パスポート、個人番号カード(写真付き)のいずれかのコピー。
      ご本人が運転免許証やパスポートをお持ちでない場合は、健康保険証や年金手帳のコピーでも代用可能です
    • 戸籍抄本または住民票の原本
代理人(本人の代わりに行動する別の個人)が依頼した場合
    • ご本人及びその代理人それぞれの上記公的証明書の写し2通以上
    • 委任状

ご本人から個人情報の開示請求がなされた場合は、次の場合を除き、所定の手続きによりご本人であることを確認した上で、速やかに対応いたします。

    • ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    • 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    • 他の法令に違反する場合
    • 他の法令で開示手続が別途定められている場合
    • 本人確認ができない場合
他のウェブサイトへのリンク

本ウェブサイトは、関連するウェブサイトや外部のウェブサイトへのリンクを提供している場合があります。当社は、他のウェブサイトの内容、品質、情報処理活動、情報保護の取り組みについて責任を負うものではありません。他のウェブサイトをご利用される場合は、それぞれのウェブサイトのプライバシーノーティスやプライバシー設定をご確認ください。

セキュリティ情報

当社は、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を正確かつ最新の状態に保つよう努めます。 当社は、お客様の個人情報を、不正なアクセス、使用、漏洩、偶発的な破損または紛失から保護するために、適切な技術的・組織的セキュリティ対策を実施します。例えば、必要に応じて、個人情報の暗号化、匿名化、仮名化を行っており、個人情報は所定のシステムに安全に保管されます。当社の社内ポリシーおよび手順書は、個人情報の保護を優先かつ推進するように設計されています。 当社の情報セキュリティ対策は継続的に評価され、更新されていますが、コンピュータやその他のデバイスからインターネット経由で送信される情報のセキュリティについては保証することはできません。お使いのコンピュータに適切なファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェアのプロテクションをインストールすることに加え、オンライン上において自身を保護し、あなたのパスワードや携帯機器の不正使用への対策を講じることをお勧めします。

  1. 起こり得るデータインシデントの非包括的なリストには、以下のものが含まれることがあります。
    • ノートパソコンの紛失・盗難
    • 外部のハッカー
    • エラーにより送信された個人情報を含む電子メール
    • 送信中の情報の紛失
    • 安全ではない場所に放置された書類

セキュリティ侵害の疑いや脆弱性を発見された場合には、「情報主体者お問合せフォーム」を用いて、これらの情報インシデントを迅速にご報告いただくことが必要不可欠です。

「情報主体者お問合せフォーム」
PDF Download
個人情報保護のための体制

当社は、個人情報保護法をはじめとする関係法令に適合した個人情報保護管理体制を確立し、従業員に対して個人情報の保護と適正な取扱いに関する教育を実施し、必要かつ適切な監督を行います。

未成年者

当社は、未成年者のプライバシーの保護に努めます。ご本人が16歳未満である場合には、法定代理人の同意を得る必要があります。当社は、そのような場合に必要な同意が得られたことを確認するために、あらゆる利用可能かつ合理的な努力を払います。

変更点

本プライバシーノーティスに変更があった場合は、このウェブサイトにてお知らせします。 当社としましては、現在行っているプライバシーに対する権利の尊重及び可能な限り最高レベルのデータ保護を提供するという当社の継続的なコミットメントをご確認いただくため、当社のウェブサイトを再訪問される際には、本プライバシーノーティスをご参照いただくことをお勧めします。

連絡先情報

本プライバシーノーティスに関するご質問やご意見がございましたら、またオプトアウトをご希望される場合には、次の宛先に郵送にてご連絡ください。

宛先:個人情報保護管理者 〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目3-17  虎ノ門2丁目タワー7階
フェリング・ファーマ株式会社

データインシデントや個人情報漏洩の疑いがあることを報告されたい場合、本人としての権利行使の要求を行いたい場合、または一般的なお問い合わせでグローバルデータ保護責任者に連絡されたい場合は、連絡フォームをご利用ください。

または、以下のアドレスに郵送でお問い合わせください。
Att: Data Protection Officer
Ferring International Center S.A.
Chemin De la Vergognausaz 50
1162 St Prex
Switzerland

本プライバシーノーティスの最終更新日は 10/12/2020 です。

株式会社日本アルトマークとの共同利用について

フェリング・ファーマ株式会社は、株式会社日本アルトマークが管理・運営するメディカルデータベース(MDB)の個人情報を特定の企業と共同して利用いたします。
共同して利用される個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的、個人データの管理について責任を有する者については、株式会社日本アルトマークのホームページ(https://www.ultmarc.co.jp/privacy/shared_use/index.html)をご覧ください。