ミニリンメルト

ミニリンメルト

ミニリンメルトは、有効成分としてデスモプレシンを含有する抗利尿ホルモン剤です。抗利尿ホルモン(バソプレシン)の誘導体(合成アナログ)ですが、バソプレシンとは異なりバソプレシンV1受容体に比べV2受容体に対して高い選択性を有し、昇圧作用をほとんど有さず、用量に依存して長時間持続する抗利尿作用を有します。
夜尿症*や中枢性尿崩症に対するデスモプレシン製剤としては、協和発酵キリンにて経鼻製剤を、その後フェリング・ファーマにて口腔内崩壊錠(ミニリンメルト)を開発し、協和発酵キリンと共に販売しています。夜尿症*や中枢性尿崩症は水分摂取管理が重要ですが、ミニリンメルトは口腔内崩壊錠のため水なしで服用できます。
なお、ミニリンメルトは、英国を含む91の国と地域で承認されています(2016年12月現在)。

*ミニリンメルトの効能効果は、「尿浸透圧あるいは尿比重の低下に伴う夜尿症」です。

おねしょ.com

おねしょ卒業!プロジェクト委員会では医療関係者に向け「効果的な診療」「ガイドライン紹介」「Webセミナー」等を紹介しています。

・デスモプレシン点鼻液0.01%協和
・デスモプレシン・スプレー2.5協和
・デスモプレシン・スプレー10協和
・デスモプレシン注4協和

については協和発酵キリン株式会社 医療関係者向けサイト